パソコン回収の際PCリサイクルマークがないと資源化のため料金を自己負担の必要がある?

パソコン回収の際PCリサイクルマークがないと資源化のため料金を自己負担の必要がある?

パソコンを買い替えたい、そんな場合に意外と困ってしまうのが古いパソコンの処分です。リサイクルマークが付いている製品ならメーカーのパソコン回収サービスが無料で利用できますが、そうでない場合は小型家電として処分をしなければなりません。自治体の回収を利用する場合、資源化のための費用を自己負担しなければならなくなります。 PCリサイクルマークは通常、本体の背面や底面などにシールの形で貼られています。シールが見当たらない場合は、処分方法について自治体のルールなどを確認する必要があるでしょう。なるべく費用をかけずに処分したい、という場合は一般の不用品回業者を利用するのも一つの手です。リサイクルマークが付いていない古いタイプの製品でも、モデルや状態によっては無料で回収してもらえる可能性があります。パソコン回収を行っている不用品回収業者をチェックし、回収対象となるエリアや費用などについて確認してみましょう。

自治体と提携している信頼できるパソコン回収業者

いらなくなったり壊れて動かないパソコンを専門に処分する業者があります。実際に店舗に持ち込む以外に自宅まで宅配便業者が取りに来てくれるサービスもあり、これをパソコン回収サービスとばれていています。このサービスを実施している業者はたくさんあり、どのショップに依頼しようか悩むこともあります。きちんと処分してくれるのか、内部にある情報が漏れることはないかと心配することもありそんな時、自治体と提携しているショップは信頼できます。地域の自治体は不用品である可燃物や不燃物、ビンやカンなどを回収するサービスを提供していますが、地域によってはパソコン回収のサービスを実施していて、引き取ったパソコンの処分を回収業者に依頼しているのです。もちろん信頼できるショップを厳選していて、処分は国が指定している工場で行っているか、データをきちんと消去しているかなどで決定し提携しています。ショップ選びに迷った時はこの点を注視するのも一つの方法です。